ニュース

8月
23

飯村ゼミ,学会に参加しました!

飯村ゼミ(英語教育)4年生5名と3年生6名が2017年8月19日~20日の2日間,島根大学で開催された第43回全国英語教育学会島根研究大会に参加しました。200件以上の発表があり,どれを聞いたらよいか迷っていたようでしたが,それぞれ自分の興味に一番近いものを選び,しっかりと勉強できたようです。
31

By Hideki Iimura | 未分類
DETAIL
8月
14

飯村ゼミ共同研究論文 学会誌に採択!

飯村ゼミ(英語教育)卒業生の共同研究の成果が学会誌に採択されました!

小島奨・橋本美優・浦川結衣・岡本凛・丸山ちひろ(2017)「回数制限が与えるディクテーション方略への影響」『第45号九州英語教育学会紀要』 第45号,39-48.

この論文は昨年12月10日(土)に第45回九州英語教育学会福岡研究大会で口頭発表した内容を,フロアの方からいただいたコメントを踏まえて加筆修正したものです。

英文科の多くの学生の協力により,論文の形にすることができました。この場をお借りして感謝申し上げます。

IMG_0370

By Hideki Iimura | 未分類
DETAIL

村里先生、田崎先生の最終講義は今日!

本日、21日の1時から、田崎先生と村里先生は、最終講義を行います。お二人の先生の話を聞く最後の機会かもしれません。

  と き: 平成29年2月21日(火)13時~15時30分
ところ: 熊本県立大学 中講義室1(講義棟2号館1階)
1.
田崎權一教授最終講義
題目: 「実験心理学と臨床心理学の間で」
時間: 13:00-14:00
2.
村里好俊教授最終講義
題目: 「シドニー像の再構築を目指して」Towards the Reconstruction of the Image of Sir Philip Sidney
時間: 14:15-15:30

講義終了後、文学部会議室にて茶話会も開催しますので、お時間の許す方は、お集まりください。…

By Richard Lavin | news
DETAIL
12月
11

飯村ゼミ4年生,学会で口頭発表!

2016年12月10日(土),福岡工業大学で開催された第45回九州英語教育学会福岡研究大会において,飯村ゼミ(英語教育)の4年生6名(浦川結衣・岡本凛・坂本泰雅・小島奨・橋本美優・丸山ちひろ)が『回数制限が与えるディクテーション方略への影響』というタイトルで研究発表を行いました。数ヶ月かけて,共同研究のテーマを設定し,先行研究を洗い出しながら,実験のデザインや分析方法を考えました。そして,多くの県大生による実験協力を得て,やっと発表までこぎつけることができました。発表後の質疑応答では,フロアの方から多数の有益なコメントをいただきました。また飯村ゼミの3年生7名は今回が初めての学会参加となります。先輩たちの発表に加えて,各自,興味のあるテーマの研究発表を聞き,今後の自身の研究の知見を得ることができたと思います。

35

41

2seminar

By Hideki Iimura | news
DETAIL
11月
26

英語教育特別講義(琉球大学・深澤真先生)が開講されました!

2016年11月17日(木)に,琉球大学准教授・深澤真先生をお招きして,「英語スピーキングの指導と評価」というタイトルで講義をしていただきました。まず茨城県の公立高校における英語力育成プログラムをご紹介いただきました。次にスピーキングのタスクと評価の方法について,実践例を交えながらお話しいただきました。最後に英語教員を目指す学生に向けてアドバイスをいただきました。「現場に出れば,経験はたくさん積めるので,理論的な部分の勉強を続けてほしい。そのためには学会に参加して,発表してほしい。毎年,何か1つテーマ(授業中はできるだけ英語を使うなど)を決めて,教壇に立ってほしい。10年経てば,10個のテーマを達成したことになり,これらは教師としてかけがえのない財産になる。」 20年間,高校の教員をされていたご経験からか,深澤先生のお話はとても分かりやすく,ユーモアにあふれていました。受講した学生からは,教員になりたいという思いをあらためて強くした,英語教育をもっと知りたいと思うようになった,などの声が聞かれました。(報告:飯村英樹)

img_0197   img_0190

 

img_0188img_0218

 …

By Hideki Iimura | news
DETAIL
11月
16

フォーラム「英語を学ぶ~みつけてみよう、あなたの学習法~」を開催しました

文学部は10月29日(土)午後1時より、2号館中講義室2において、フォーラム「英語を学ぶ~みつけてみよう、あなたの学習法~」を開催しました。

まず半藤学長の開会挨拶に続き、信愛女学院高校3年山下紘佳さんからパラグラフ翻訳による学習法、本学英語英米文学科1年小川広洋さんから英英辞典と独り言による学習法、同4年徳永真歩さんから映画を活用した学習法の紹介とその成果について発表していただきました。それぞれの特性、特技、そして趣味を生かした学習法に、会場を訪れた約150名の方々も興味深く聞き入っていました。

基調講演では関西学院大学非常勤講師高瀬敦子氏をお迎えし、ご自身の実体験を基にした英語学習法をお話いただきました。逆境を力に変える数々のエピソードを織り込んだ軽妙な語りに、出席者は大いに刺激を受けるところとなりました。

後半は、高瀬敦子氏、信愛女学院高校教諭大津秀司氏、英文科から飯村教授、レイヴィン教授、コーディネーターとして吉井教授が「リーディング、ライティング、スピーキング、リスニングの4つのスキルを伸ばす英語学習法」をテーマにパネルディスカッションを行いました。高瀬氏からは多読法、大津氏からは訳読添削法、飯村教授からは、ディクテーション、調音訓練、シャドーイングという受動的なスキルについて、レイヴィン教授からはライティングとスピーキングという産出的なスキルについてお話いただき、4つのスキルの重要性、さらにそれらを連動させることで、より効率的に英語を学べることが確認されました。

ご紹介いただいたのは、どの世代がいつから英語を学ぶにしても大いに参考になる学習法です。自分に合った学習法を見出し、楽しく学習を進めていくきっかけとしていただきたいという願いのこもったフォーラムとなりました。ご参加、ご協力くださいました皆様、どうもありがとうございました。…

By 英文資料室 | news
DETAIL

Episode 2: 文学部フォーラム News

Check out Episode 2 of the PUK Eibun Podcast! This time, we talk about the 文学部フォーラム, to be held on October 29th, 2016.…

By Richard Lavin | podcast . podcast
DETAIL
9月
09

熊本県立大学文学部フォーラム「英語を学ぶ~みつけてみよう、あなたの学習法~」を開催します



文学部フォーラム「英語を学ぶ~みつけよう、あなたの学習法」開催のお知らせ

熊本県立大学文学部では、英語を学ぶ効果的な学習方法について共に考えるフォーラム「英語を学ぶ~みつけよう、あなたの学習法」を開催します。

学習者個人の実践例やこれまでの英語教育の研究成果などを紹介しながら、学習者にあった英語学習方法を考えていきます。様々な方法や工夫を参考に、個人の特徴を生かした英語学習を始める機会です。皆様ぜひご参加ください。

日時: 平成28年10月29日(土) 午後1時~4時

場所: 熊本県立大学2号館 中講義室2
主催: 熊本県立大学文学部

 対 象:  どなたでもご参加下さい

プログラム総合司会  水尾 文子 熊本県立大学准教授

開会挨拶 半藤 英明 熊本県立大学学長
発  表   「私が見つけた英語学習法」
山下 紘佳 信愛女学院高校3年生
小川 広洋 熊本県立大学文学部英語英米文学科1年生
徳永 真歩 熊本県立大学文学部英語英米文学科4年生
聴衆と発表者との質疑応答
コーディネーター 吉井 誠 熊本県立大学教授
基調講演 「私の英語学習法」
講師:高瀬 敦子 関西学院大学非常勤講師 岩野英語塾講師 国際多読教育学会理事
<休憩>
パネルディスカッション  …

By 英文資料室 | news
DETAIL
8月
10

飯村ゼミ,学会に参加しました!

飯村ゼミ(英語教育)4年生6名が,2016年8月8日~9日の2日間,早稲田大学で開催された外国語教育メディア学会(LET)第56回全国研究大会に参加しました。タスク研究の第一人者Dr. David Nunan やCALICO Journal などのエディターされているDr. Glenn Stockwell による基調講演がありました。進行中の共同研究や各自の卒論に関する研究発表も聞くことができて,大いに勉強になりました。また学会の前日には神宮球場で野球観戦をしました。残念ながら,スケジュールの都合で3年生は不参加となりましたが,冬の学会には参加の予定です。

img_0161

img_0164img_0139

By Hideki Iimura | news
DETAIL

春が忙しい!

We’ve had a hectic couple of months in the department. Here are a few of the things that have been happening:

  • 卒論提出: January 12th was the deadline for submissions. I’m sure some students were working through the night on January
By Richard Lavin | news
DETAIL